おすすめ音楽 歌詞考察

炎(ほむら)/LISAの歌詞の意味を考察。LISAが込めた想いとは。

スポンサーリンク

 

どうも。管理人の時音優です。

社会現象にもなった鬼滅の刃。あちこちで鬼滅アイテムや曲が流れまくってましたね(;^ω^)個人的にはもういいよって思うくらい堪能しましたが、皆様はいかがでしょうか?まだ、見たこともない人もいるかもしれませんが、アニメは観てなくてもLISAの炎は知ってるという人もいると思います。

YOUTUBEのチャンネル「THE FIRST TAKE」で、LISAさんが「炎」を歌唱後涙を流していましたが、これは炎に特別な想いがあるのではないでしょうか。そんな特別な想いが込められた曲「炎」の歌詞の意味をいまさらながら考察していきたいと思います(^^♪前置きが長くなりましたが猿脳の私なり歌詞考察始めます(`・ω・´)ゞ

 

スポンサーリンク

炎(ほむら)/LISAの歌詞の意味を考察。LISAが込めた想いとは。

 

出典:LISA公式サイトより

 

炎/LISA歌詞考察

 

最初のフレーズ、

さよなら ありがとう 声の限り

悲しみよりもっと大事なこと

去りゆく背中に伝えたくて

ぬくもりと痛みに間に合うように

作詞:梶浦由記・LISA

 

いきなりの別れ話でしょうか、ネガティブ要素だと悲しくもなりますが「ありがとう」が入ってることによってネガティブ要素が感謝の歌になってます。、別れだけれど感謝してる。という前向きな歌詞の意味が捉えることが出来ます。そして、去っていく誰かに何かを伝えたいことがあると率直に歌っていますが、最後のフレーズがなんとも難しい(;^ω^)

 

「ぬくもりと痛みに間に合うように」

これがどういう意味なのか・・・。難しい・・・(;^ω^)

現状が別れの状況になっていてそしてその誰かに何かを伝えたいことがある。その伝えたいことが痛みやぬくもりの気持ちに間に合うように追いつくように、伝える事によってぬくもりや痛みが自分の中に入る?ように?、ぬくもりや痛みを受け入れることが出来る?もしかすると、

伝えたい気持ちを自分の中に閉じ込めててそれを活かし、未来の糧にできるようにという意味でしょうか?

 

簡単にすると、「この気持ちを忘れずに未来に活かします」という感じでしょうか?私はそう捉える事にします(;^ω^)

ホント難しいです意味が分からない。考察できてないかも?(´;ω;`)

 

次、

このまま続くと思っていた

僕らの明日を描いていた

呼び合っていた光がまだ

胸の奥に熱いのに

作詞:梶浦由記・LISA

 

この部分のフレーズは前述した部分の続きですね。

別れが来るとは思っていなかった。まだ明るい未来があることを当然のように感じていた。仲良くしていた頃の思い出がまだすぐそば心の中にあって温かい。ここのフレーズはちょっと悲しめのフレーズでしょうか。思い出に浸っていて、現実逃避してるようにも感じます。それでも、その思い出はとても良いもので心温かくしてくれている。という感じでしょうか。

 

次のフレーズ、サビ、

僕たちは燃え盛る旅の途中で出会い

手を取りそして離した 未来のために

夢が一つ叶うたび 僕は君を想うだろう

強くなりたいと願い 泣いた 決意を餞に

作詞:梶浦由記・LISA

 

曲名にピッタリのフレーズが出てきました。

「燃え盛る旅。」

これを言い換えると、前向きにアクティブに目標を持って必死にもがきながら旅をしているという感じ?でしょうか。そしてその旅で誰かと出会い、協力したり別れたりしながらそれぞれの旅を旅する。未来のために。

そして、夢、目標が叶うたびに協力してきた人達や仲間の事を思い出すよ。そして、その思い出を糧に強くなろうと願って、自分の未熟さに泣いて強くなること決意をしたという感じでしょうか。

 

「決意を餞に」・・・これは自分から自分へ贈る想いでしょうか。「俺なら出来る。やってみせる!!」というような自分を鼓舞するような意味合いではないかと捉えました。

 

※鬼滅の刃に重ねてみると、ここは煉獄さんがいなくなるところのシーンと重なりますね。もうエモい(´;ω;`)

 

※餞(はなむけ)に・・・旅立ちや門出を祝って別れて行く人に金品や詩歌などを贈ること。またそれの贈り物。(餞別せんべつ)

出典:goo辞書より

 

そして次2番、

懐かしい思いに囚われたり

残酷な世界に泣き叫んで

大人になるほど増えて行く

もう何一つだって失いたくない

作詞:梶浦由記・LISA

 

夢見て歩んできた道の現実を知り打ちひしがれるようなフレーズですね。残酷な世界に泣いて悲しむ要素が見られますが、ネガティブだけど決してそうはならない。

「もう何一つだって失いたくない」

前述した決意がまだ生きているので、こんなことじゃへこたれないよと言うような気持が伝わってくる気がします(`・ω・´)ゞ

 

次、

悲しみに飲まれ落ちてしまえば

痛みを感じなくなるけれど

君の言葉 君の願い

僕は守りぬくと誓ったんだ

作詞:梶浦由記・LISA

 

ここはエモいエモすぎます。

これまでは自分の事を前向きに変えていくというような歌詞だと捉えてきましたが、ここで自分だけじゃなく、周りのひと、一緒に旅をした仲間の想いまでも背負っていくと意気込みを歌った歌詞だと思います´;ω;`)

この一曲の中に挫折と成長、感謝そして、継承。という人として成長していくさまが捉えられると思います。そして最初に、弱音も少し見せていますね。落ちる所落ちてしまえば楽になると・・・。それでも・・・。

 

『心の声・・・LISAさんがTHE FIRST TAKEで泣く理由も分かる気がする(´;ω;`)』

 

次、

音を立てて崩れ落ちて行く

一つだけの

かけがえのない世界

作詞:梶浦由記・LISA

 

ネガティブ一色(´;ω;`)どうしようもなく失ったものがあることを実感している。時にはつらい現実も受け入れないといけないというような想いが感じ取れました。この人生、すべてうまくいくことはない。いつかは辛い現実を突き詰められることもある。そんなネガティブ要素の詰まったフレーズですね(;^ω^)でも次のフレーズへと繋がります( `ー´)ノ

 

鬼滅の刃・・・ここは煉獄さんがお亡くなりなったところと重ね合わせることができますね´;ω;`)

 

最後のフレーズ、

手を伸ばし抱き止めた激しい光の束

輝き消えてった 未来のために

託された幸せと 約束を超えて行く

振り返らずに進むから

前だけ向いて叫ぶから

心に炎を灯して

遠い未来まで・・・

作詞:梶浦由記・LISA

 

ネガティブ+ポジティブ+新たな決意。

色々な人の夢や願い・想いを抱えて進んできたけど、その夢や願いを叶えきれずに手放さないといけなかったときもあった。それでもすべてを投げ出すわけではなく、残ったものを叶えるために進んでいく。過去の悔やみや悲しみはあるけれど、前だけ向いて歩いてく。遠い未来まで。

遠い未来まで【・・・】←この点々も意味ありますね。これから先があることを意味してるので、前向きに続いていくことを意味してるのではないでしょうか( `ー´)ノ

 

「心に炎を灯して」・・・これまでの歌詞を総括するようなフレーズ。決意や願い、夢などが詰め込まれたフレーズだと思う。曲名が『炎』だけに最後の最後にこの言葉を使ってくるのはめちゃくちゃエモいですね´;ω;`)

 

鬼滅の刃・・・煉獄さんの想いを抱えて進むと誓った炭治朗の決意が読み取れます´;ω;`)

 

最後に

 

以上、LISAの「炎(ほむら)」の歌詞の意味の考察でした(^^♪

鬼滅の刃劇場版の主題歌で流れた時には泣きましたね(;^ω^)煉獄さんの頼もしさや強さがひしひし伝わってきて、なぜか炎と重ね合わせて、ティッシュ必須でしたね。劇場版のレンタルが出たらまた観ようかな。観てない方は鬼滅の刃本編も観て劇場版を見てくださいね(^^♪

 

最後までどうもお疲れ様でした。そして、ありがとうございましたです。

では、またの機会、次回にお会いしましょう(`・ω・´)ゞバイッ('ω')ノ

 

ほかの曲も歌詞考察やってるので

興味のある方はよろしくどうぞ(^^♪

他の曲の歌詞考察はこちら

公式MV

THE FIRST TAKE

 

スポンサーリンク

-おすすめ音楽, 歌詞考察
-

© 2021 娯楽倶楽部~エンタメ映画と音楽と~