おすすめ音楽 歌詞考察

今更ながら乃木坂46の「Sing out!」の歌詞を考察。歌詞の意味とは。

2020年1月12日

スポンサーリンク

どうも。管理人の時音優です(^^♪

乃木坂46、早いものでもう24枚のシングルを出していますよね。私は知り合いの影響で乃木坂46のファンになりました。そして「ジコチューで行こう!」のPVを見て齋藤飛鳥さんのファンになってしまい、いまでも好きです。そして、齋藤飛鳥さんがセンターを務めた「Sing out!」も大のお気に入りになり今でも結構聞いています。PVは一緒に踊りたくなるようなものになっていて運動がてら少し踊ったりしてます(^^♪

 

今回はその大のお気に入りになった23枚目のシングル「Sing out!」の歌詞を私なりに考察してみようと思います。

 

それではまず最初に「Sing out」とはどういう意味になっているのかを調べてみました。

「sing out」の意味・・・叫ぶ。大声で歌う。

歌詞の中に、「存在気づくように踏み鳴らせ」というようなフレーズもあるためこのタイトルは、「色んな人に聞こえるように大声で歌って踊ろう」って言うような意味合いが含まれているんじゃないかと思います。

そんな、メッセージが込められた「Sing out!」の考察始めていおうかと思います(^^♪

 

スポンサーリンク

乃木坂46「Sing out!」の歌詞を考察。歌詞の意味とは。

最初の歌詞、

LALALALALALA...

Happy! Happy! if you wanna bring big smiles, sing out!

作詞:秋元康

最初からみんなで歌って踊ろうよ見たいな、声を合わせて歌うための掛け声があります。タイトルにピッタリの始まり方をしました。そして英語の歌詞、

「Happy! Happy! if you wanna bring big smiles, sing out!」

●ifの意味は、もしも~ならば。

●wannaは、want toの省略した言葉みたい。意味は~したい。

●bringは、持ってくる・連れてくるという意味。

●big smileの意味は、満面の笑み。sがついてるから複数系だと思うのでみんなの満面の笑み。

これらの意味からだいたい訳すと、「幸せになりたいのなら、みんなでたくさん笑いたいのなら、大声で歌って踊ろうよ」というような意味になるのではないかと思います。タイトル通りみんなに対してストレートに投げ掛けています。病んでいるときにこの曲を聞くととても前向きになれる歌だと思います。

 

そして次の歌詞、

世界は広すぎて 見渡せない

青空はどこまで続くのか?

水平線の向こうは 晴れてるのか?

それとも土砂降りの雨か?

作詞:秋元康

この歌詞は、自分のちっぽけさを表現しているのではないかと思います。ちっぽけだから悩みなんてのもちっぽけだよと間接的に教えてくれてるような歌詞だなと思いました。

そして、自分はちっぽけだけど、悩みもちっぽけだけど、その先の向こうには何があるのかを知りたい。という好奇心があると言っているのではないかと解釈しました。そしてこの歌詞は次の歌詞に繋がっているのではないかと思います。

 

そして次、

ここにいない誰かのために

今 何ができるのだろう

みんなが思えたらいい 自分のしあわせを

少しずつ分け合えば 笑顔は広がる

作詞:秋元康

一つ前の歌詞で水平線の向こうは見えないというのは分かっている。でも次の歌詞では見えない誰かのために何ができるのだろうと考えています。

自分の事だけ考えるのではなく、見えなくても人のためを思って考えて、自分の幸せを分け合えればみんなhappyになる。そんな優しさ溢れる歌詞になっています。心にグッとくる歌詞です。

 

そしてサビ、

この想い届け Clap your hands

風に乗って飛んで行け 愛の歌

一人ぼっちじゃないんだよ

Say hello! Say hello! Say hello!

歌詞:秋元康

この歌詞では先ほどの歌詞見えない人のためを想って考えていました。そしてこの歌詞では、見えない人へ想いが届くように歌っています。孤独な人もそうでない人もよろしく。仲良くしようよというような意味合いが表現されているのではないかと思いました。歌詞から優しさがにじみ出てくるのが分かります。

 

そして次、

 

LALALALALALA...

Happy! Happy! everybody be happy!

LALALALALALA...

Happy! Happy! if you wanna bring big smiles, sing out!

作詞:秋元康

掛け声がありみんなで歌おうと呼びかけているようです。そして、みんな幸せなんだ。みんなで幸せを分かち合おうよ。なんてことが伝わってくるような歌詞です。そしてまた、

「幸せになりたいのなら、みんなでたくさん笑いたいのなら、大声で歌って踊ろうよ」

と誘っています。みんなで歌って幸せになろう。距離なんか関係ない。見えなくても繋がっている。そんなことが伝わってくるような歌詞だと思いました。

そして次、

もし泣いてる人が どこかにいても

理由(わけ)なんか聞いたって意味がない

生きるってのは複雑だし

そう簡単に 分かり合えるわけないだろう

作詞:秋元康

これはみんながついやってしまう事へのメッセージなんかじゃないかと思いました。泣いてる人がいるとついなぜ泣いてるのか理由を聞きますがこれは間違っているとさとされます。

理由なんか聞いたって意味がない。人それぞれだから分かり合えないこともたくさんあるだから理由は聞かなくていい。そんなメッセージが含まれているのではないかと思いました。

そして、理由を聞かないならどうすれば良いのかが次の歌詞になってます。秋元康さん優しいですね。わかりやすい歌詞です。

 

次の歌詞、

ただじっと風に吹かれて 同じ空見上げるように

一緒にいてあげればいい 吹きさらしのその心

温もりが欲しくなる 孤独はつらいよ

作詞:秋元康

前の歌詞から、泣いてる人に理由は聞かなくていいと言っていてどうすれば良いのかをこの歌詞で教わります。泣いてる人がいればそっとそばにいてあげればいい。

泣いてる人は自分の殻にこもっていて孤独になっているけど、そばにいてあげる。それだけで孤独感を感じずに心が温まる。単純だけどこれが一番良いのではないかというようなメッセージが伝わってきます。

 

そして次、

僕たちはここだ Stomp your feet

存在に気づくように踏み鳴らせ!

仲間の声が聴こえるか?

Bring peace! Bring peace! Bring peace!

作詞:秋元康

ここでいったん泣いてる人へのメッセージをやめて、また見えない人たちへのメッセージになっています。

みんなに聞こえるように一緒にリズムをとり、みんなで踏み鳴らして世界を平和にしていこう。なんていうようなメッセージがあるのではないかと思いました。

 

そして次、

ここにいない誰かもいつか 大声で歌う日が来る

知らない誰かのために... 人はみな 弱いんだ

お互いに支え合って 前向いていこう

作詞:秋元康

この歌詞は、秋元康さんの願望ではないかと推測しました。この歌で色んな人が歌ってくれる日が来る。そう信じてる。みたいなメッセージがあるのではないかと思いました。人間みな弱い、だから支えあっていこうみんなで歌って踊って悲しいことも吹き飛ばして前をむいていこう。そんなストレートな歌詞が心にグッときます。

 

そして次の歌詞は繰り返しになります。

 

この想い届け Clap your hands

風に乗って飛んで行け 愛の歌

一人ぼっちじゃないんだよ

Say hello! Say hello! Say hello!

歌詞:秋元康

繰り返しの歌詞になります。いろいろあるけどやっぱり伝えたいのは、みんなで歌ってるこの歌が見えない人や悲しみ浸ってる人へ届くこと。みんなで幸せを分かち合って前向いていこう。そんな想いが伝わってきます。

 

僕たちはここだ Stomp your feet

存在に気づくように踏み鳴らせ!

仲間の声が聴こえるか?

Bring peace! Bring peace! Bring peace!

作詞:秋元康

繰り返しの歌詞になります。みんなにこの想いが届くように必死に繰り返してる。みんなの元へ届いてほしい。そして、世界が平和になってみんな幸せになれるといい。

思っていることはみんな同じではないでしょうか。戦争は嫌だし、悲しくなったり寂しくなったりするのも嫌だし。やっぱり楽しくて幸せな日々を送りたいと思ったいる人が大多数のはず。繰り返されるこの歌詞から、みんなのためを想ったオモイがひしひしと伝わってきます。

そして最後の繰り返しの歌詞、

LALALALALALA...

Happy! Happy! everybody be happy!

LALALALALALA...

Happy! Happy! if you wanna bring big smiles, sing out!

LALALALALALA...

Happy! Happy! everybody be happy!

LALALALALALA...

Happy! Happy! if you wanna bring big smiles, sing out!

作詞:秋元康

もう言わずとして伝わってると思います。みんなhappyになって明るい未来を気づいていこうよ。と世界中の人へ届くように歌っていると思います。秋元康さんのすごさが伝わってきます。

見えない人への心配りが出来ている歌詞で規模がデカすぎる。普通の人は見えない人へのことなんかこれっぽっちも考えていないのが普通だと思います。私もそうです。

 

とても心にグッとくる曲でした。

私用を挟むと、齋藤飛鳥さんのファンである私にとっては「Sing out!」は齋藤飛鳥さんのセンター曲なので、もう心に残るどころか心に根をはり花が咲いてるくらいにお気に入りの曲になってます。

 

秋元康さん、齋藤飛鳥さん。この歌を作ってくれて歌ってくれてありがとう。

最後に

いかがでしたか?とても心優しくなるような曲ではなかったでしょうか。恋愛や応援歌は結構ありますが、世界中のみんなの事を想った曲はなかなかないのではないでしょうか。最初に聞いたときはなんとなくで聞いていましたが深く歌詞の意味を考察してみるとスゴイ曲だと思います。

PVでも、みんなで手をたたいて踊っているシーンがあるので、PVとタイトルのマッチンング率が半端ないです。センターになってる齋藤飛鳥さんのシーンも結構たくさんあるので私的に家宝になるくらいの曲になりました。

 

長くなりましたが最後まで読んでいただきありがとうございました。また良い曲が見つかったら考察してみるのでブクマ、ポチっとよろしくお願いします(^^♪

それではまたの機会に('ω')ノ

映画・歌詞考察のタイトル一覧表はこちら

スポンサーリンク

-おすすめ音楽, 歌詞考察
-

© 2021 娯楽倶楽部~エンタメ映画と音楽と~